このブログが信頼できるブログなのか現在の評価を見てみる ⇒人気ブログランキングへ

アフィリエイトブログやサイトに「役立つ情報」を書く訳ですが、
なかなか稼げない人はその理由を分かっていないんですよねぇ…。

役に立つ話をしたところで稼げなきゃ意味がない!って思うから、
どうしても商品やサービスを売ろう売ろうとしてしまう訳ですね。

で、結果的に商品やサービスは売れないと。

おいらに言わせれば「売ろうとしても売れなきゃ意味がない」です。
アフィリエイトで稼いでる人は売れると分かってて売ろうとするんです。

そのために必要となるのが「役立つ情報」だったりする訳ですよ。


役立つ情報が沢山書かれているブログやサイトを見てどう思いますか?
そのブログやサイトをあなたは「信用できる」と思うんじゃないです?

そうです、つまりブログやサイトに「役立つ情報」を書く理由は、
ブログやサイトを見てくれた人から信用されるために書く訳ですよ。


えっ?そんなことは分かってるって?

それはそれは失礼しました…。
でも、どれぐらい書けば?っていうのは分かってますか?

その「どれぐらい書けばいいのか」が分かっていないから、
役立つ情報を書いたところで売れなきゃ意味がないって思うんですよ。


そもそも「役立つ情報」を書いた記事には他にも役割があって、
あなたのサイトやブログにアクセスを集めるという役割もあるんです。

だから「どれぐらい書けばいいのか」については、
あなたが必要だと思っているアクセスがあるまで書く必要がある訳です。

稼げない人はここを分かっていないんだよねぇ…。


で、アクセスばかりあっても商品やサービスが売れなきゃ稼げない訳で、
アフィリエイトする商品やサービスへの誘導率も考えなくちゃいけない。

どれぐらいのアクセスでどれぐらいを販売ページに誘導するのか。

実はこれには「これが典型的パターン」というのがあって、
稼いでいるアフィリエイターはちゃんとこれを分かってやってるんです。


その典型的パターンってどんな感じなの?


それについては…、

流石にここで無料で何でも話しちゃうとREEMBODYメンバーに怒られるので、
REEMBODYに参加してその「典型的パターン」を知ってくださいですよ(^^ゞ

ネットビジネスを支援する会員制コミュニティ REEMBODY


1ヶ月は完全無料で利用できますよw
参加してみて面白くなければ退会しちゃってくださいw


この記事を読み終えたらとりあえずクリックしとけw ⇒ 人気ブログランキングへ

Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです! ⇒
アフィリエイトでサクッと7桁稼げる情報はメルマガでお届けしています。