このブログが信頼できるブログなのか現在の評価を見てみる ⇒人気ブログランキングへ

アフィリエイトで稼げる人と稼げない人では拘ってる数字が違うんだよね。
稼げない人ほど稼ぎに重要となる数字を間違っちゃってるんだよなぁ…w

なかなか稼げない人は「アクセス数」に拘ってしまうんだよね。
アクセスが沢山あれば商品やサービスが売れると思ってる訳だ。

あ、ちなみにこれはアフィリエイターに限ったことではなく、
ヘタクソなネットショップ運営者やコンテンツホルダーでも同じなんだな。

SEOで検索上位表示する場合でもそうだ。
検索上位表示すればアクセスが増えるから売れると思ってる。

でも、売れないんだなぁw

では、稼げる人が拘ってる数字とは何か。
それは「成約率」だったりするんだよねぇ。

まぁ、こんな話はこれまでに何度も何度もしてきてるけどねw

実はおいらもなかなか稼ぎが加速しないときにそうだったんだよね。
検索上位表示してアクセスが増えれば稼ぎも増えると思ってた訳さ。

で、アクセスを増やすためにSEMをやり始めた。
具体的にはアドワーズやオーバーチュアーに広告を出した訳だ。

あなたが聞き覚えのある言葉で言うと「PPCアフィリエイト」だ。


アフィリエイトサイトを作りキーワード広告を出しアクセスを集める。
成約率は1%ぐらいだろうと想定してクリック単価を設定して出稿した。

あ、成約率1%とは100アクセスで1件売れるという計算だよw


で、実際にはどうなったかと言うと…、

100アクセス以内で売れないと広告費分をカバーできなかった。
成約率が想定以下だとドンドン赤字になっていくという状態さw

なので、次に考えたのは広告費を抑えることだった。
1クリック当たりの単価を極力抑えようとした訳さ。

1クリック9円なら成約率が1%以下でも黒字になる。
そう考えて入札するキーワード単価を低くしていったんだよね。

すると…、同一キーワードであれば単価が高いほうが優先表示となる。
なので、おいらのアフィリエイトサイトにはアクセスがこなくなった。

もちろんクリックされてナンボな広告な訳だから、
アクセスがないってことはクリックされていないってことだ。

広告費は減ったけどアクセスも減り売り上げも減るという…w


なかなか上手くいかないモンだなぁ…って。
そう思ったときにこう考えてみることにした。

成約率が高ければ入稿する広告のクリック単価が高くても利益が出る
結果的にクリック単価を上げればアクセスも増えるから利益が出るなと。

おいらがアフィリエイトしてる商品を買う人は何を検索するのか。
そのキーワードで広告を出稿すれば成約率は高くなるんじゃないか。

こう考えてサイト内容も変更し出稿する広告も修正していった。

すると…、思惑どおりアクセスはそこそこでも売り上げは大きく増えた。
1クリック50円や100円で入札しても広告費以上に稼ぐことができた。


これ、作り話ではなく実話ですよw

おいらはこれに気が付いてから、
PPCアフィリエイトだけで月50万円を超える利益を得ていたのさ。

で、この経験からSEOアフィリエイトする場合でも考えを変えたのさ。
アクセスを集めるということではなく成約率を高めるようにすべきだと。

成約率を高めるにはサイトの内容もキーワードも適正化しなくちゃダメ。
商品やサービスを買おうと思ってる人が集まるようにしなくちゃなのさ。


先日おいらはこんな記事を書いた訳ですが、

アフィリエイトはこういう思考が出来てる人だけが稼げる


これもおいらがこれまでに稼いできた経験から言えることなのですよw

この記事を読み終えたらとりあえずクリックしとけw ⇒ 人気ブログランキングへ

Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです! ⇒
サクッと月100万円稼げる情報はメルマガでお届けしています。
メルマガ購読・解除