このブログが信頼できるブログなのか現在の評価を見てみる ⇒人気ブログランキングへ

アフィリエイトサイトやブログを作るときにキーワードを考えますよね?
でも、いくらいいキーワードを仕込めたとしてもそれだけじゃ稼げないです。

というのは、

キーワードとはマーケットをターゲッティングするためのもので、
決してキーワードで稼げるようになるものではないんですよ。

ここを勘違いしてる人が多いこと多いこと。


・どういう人をターゲットにした商品なのか
・どういう場合にこの商品が必要とされるのか


ここを考えてキーワードって仕込まないと稼げないのですよ。
ちょっと考えればすぐに気がつくはずなんですがねぇ…。、


もう一回言いますよ。

キーワードってのはターゲッティングです。
どういう人をターゲットとするのかを絞り込むために使うんです。


でね、絞り込んだターゲットに対してアプローチする手段が、
サイトタイトルであったりブログタイトルや記事タイトルな訳です。

PPCアフィリエイトで赤字連発な人はここを真剣に考えたほうがいいですよ。


PPCアフィリエイトだろうが何だろうが、
基本的には検索サイトで表示される結果なんですよね。

で、どういう場合にその検索結果に表示されるのか、
これを決める要素がキーワードなんですよ。

だからキーワードはターゲッティングなんです。
こう言うとなんとなく分かりますか?w


んでね、検索結果にいろいろ表示されるじゃないですか。
上部にはPPC広告があってその下には検索結果があるでしょ?

そのPPC広告のタイルや検索結果タイトル。
これがターゲッティングしたユーザーへアプローチする場所なんです。

PPCのクリック率とかはね、
キーワードよりもここが大切な訳ですよ。

ここを適当に「○○○の口コミ情報!□□通販」とかやっちゃうと、
買おうと思ってる度合いが少ない人でもクリックしちゃいますよね?

どんどんクリックされてるにも関わらず成約率が悪い。

で、どんどんと赤字拡大となってコリャたまりませんわと、
入札したキーワードの単価調整したりキーワードを止めたりしてさw

やること間違ってますよ?w


こういうのってPPCアフィリエイトじゃなくても同じなんですよ。
アフィリエイトサイトやブログのタイトルだって同じなんです。

○○○の口コミ情報ってタイトルでブログ書いてみw
購入意欲がまだまだ高くない人とかいっぱい集まってきますからw

アクセスの質がその程度なのにさ、

いくら「これいいですよ〜買うならここからどうぞ〜」って誘導しても、
そりゃ売れるはずがないでしょってことですよ。

購入意欲がまだまだ低い人を、
あなたのライティングテクで高く出来るのならいいけどさw


つまり、キーワードとタイトルがどういう意味を持つのか、
ネットユーザーはどういう行動をするのか考えていない人が多いんですよ。

だから、誘導率だってめちゃめちゃ悪いんです。
誘導率が悪ければ報酬にありつけるハズがないんですから。


こういうところ真剣に考えてさ、
ブログタイトルや記事タイトルや説明文を書いてみそ。

たったこれだけのことでガラッと変化しますからね。


インターネットには特有の行動パターンってあるんですよ。
アフィリエイトで成功したけりゃそこを考えて上手に誘導しないとね。

どんな手法のアフィリエイトでもここがキモなんですよ。


こういうところをハッキリと「重要」だって書いてるノウハウは少ないです。
キモの部分だから言わないんでしょうかね?w

これが重要だって言ってるのはおいらが知る限りここぐらいです。
LFM アフィリで月収3000万円の秘密


200名限定販売とのことですが、
まだ購入できるようなので興味があったらどうぞです。



予算が無いからもうちょっと安めで基本的なことを…って人は、
お客が勝手に買っていく何も売らないアフィリエイトを読めばいいっす。
お客が勝手に買っていく何も売らないアフィリエイトのレビューと特典案内



どこが誘導率を高めるために重要なのかってことなんてさ、
本屋で売ってるアフィリエリト本とかには書いてないですよ。


稼げてないアフィリエイターが書く無料レポートだって同じですよ。
誘導率を高めるためには何が重要なのかってこと分かってないですからw

この記事を読み終えたらとりあえずクリックしとけw ⇒ 人気ブログランキングへ

Twitterでこの記事へのコメントをお寄せくださると幸いです! ⇒
サクッと月100万円稼げる情報はメルマガでお届けしています。
メルマガ購読・解除